毛穴の詰まりの解消効果で症状を改善するニキビ治療薬ならアダフェリンを選びたい

2020年05月04日

ニキビ治療薬のアダフェリンは毛穴のつまりを解消し、有効成分アバダレンを配合しています。様々な作用がありますが特にニキビ治療薬として処方されており、アルコール・油分を含まないジェルタイプになります。肌にのせてもべたつかないため、脂性肌の人にも使いやすく皮膚にある皮脂の塊などを抜き取ることができます。炎症を抑え皮脂の分泌を抑制する作用がある、ニキビ治療薬でビタミンA誘導体と働きが似ています。ニキビ治療の他にも美白や美肌などにも効果を発揮し、角質層を薄くする働きがあるので毛穴に皮脂が詰まりにくくなります。

皮脂の排出も正常に行えるのでニキビができにくくなりますし、ニキビの原因菌であるアクネ菌のエサを溜めないようにします。使い方は夜寝る前に丁寧に洗顔した後に、ニキビができている部分へ塗布し、1日1回の使用になります。アダフェリンは紫外線に当たると赤くなったり、炎症を起こすこともあるので朝起きたら成分は残らないように顔を洗います。注意点としてアダフェリンは、妊婦や妊娠している可能性がある人は使用することができないので注意が必要です。またニキビが悪化し潰瘍になっていたり、怪我や傷をしている箇所に塗ることは禁止されています。

塗布した部分は乾燥したり赤みが出ることもありますが、使い続けるうちに解消されるので様子を見る必要があります。ニキビを根本から治療したり、消滅させることができるのは、アダフェリンの効果によるもので新しくできるニキビも発生しにくくします。1日1回12週間継続して使えば約63%のニキビは解消できますが、保管方法が正しく行う必要があります。高温多湿のところを避ける必要があり、寒いところで凍結すれば成分が変化することもあるので注意が必要です。年間を通すと80%近くのニキビを解消する効果が期待でき、普通のケアでは解消できないニキビも完治させることができます。

使い方は洗顔後にニキビやその周辺へ塗りますが、その時は手を清潔にし綺麗な状態で塗布します。人差し指に半分の量を用いれば、頬やひたい・顎など全体に使うことができるので、ニキビ一つであればごく少量の使用で効果があらわれます。顔以外には使用せず1日1回の使用量は守るようにし、妊娠している人やその可能性がある人は使用できないことになっています。赤ニキビを治したい人や、ニキビ跡やシミになってしまった部分を消したい人にアダフェリンが向きます。ニキビ跡の凹凸や常に同じ箇所にニキビができるような、癖になっている人も向いています。