残ってしまったニキビ跡は皮膚科で治療を受ければ改善できる

2020年03月28日
肌がきれいな女性

ニキビは間違った自己処理を行い悪化させてしまったり、色素沈着・クレーターなどでニキビ跡が残ってしまうこともあります。特に顔にできてしまったニキビは触ってしまいがちですが、正しいケアをしなければ悪化し傷跡のように残ります。まず正しいケアを行いながら、できてしまったニキビ跡は皮膚科で治療を受けるようにします。ニキビの炎症が肌の中の細胞の一つであるメラノサイトを刺激し、赤みが消えた後も茶色く色素が沈着しシミのような状態になります。ニキビの炎症が治まった後に組織が収縮するため、患部の形状がデコボコしたクレーターになることがあります。

それとは反対に組織が厚く肥厚するため、ケロイド状に盛り上がる状態も見られます。ニキビはすぐに皮膚科へ行くなどし、正しい治療をすれば、悪化することなくニキビ跡も残りにくいです。皮膚科では肌質や症状から判断し、それぞれにあった治療法を提案しているため無理な方法で解決することはありません。ホルモンバランスの崩れや食生活の乱れによる、皮脂分泌方などでニキビができますが、背中にもできニキビ跡になります。特に手が届きづらい場所で掻きむしってしまったり、衣類で擦れたりとセルフケアを滞りがちです。

皮膚科では体にできてしまったニキビ跡も治療してもらえ、レーザーなどで改善していきます。肌の生まれ変わりを促進したり、綺麗な肌へ導く治療法がレーザーで、塗り薬・ケミカルピーリングなどで対応しても効果が出なかったニキビ跡に推奨されます。フォトフェイシャルは色素沈着を起こしているタイプのニキビ跡に用いられ、肌のターンオーバーの回復や、新しいコラーゲンを生成していきます。まず色素沈着の原因となっているメラニン色素が、表皮へ浮き上がり3日から1週間で剥がれ落ちる仕組みです。ケミカルピーリングはグリコール酸や乳酸などのフルーツ酸を塗布しながら、毎日の洗顔では落とすことができない表皮に溜まっている角質を除去します。

皮膚のターンオーバーを整えますが、これを繰り返し行うことでメラニンを排出させ、きになるニキビ跡を改善していきます。そのほかのピーリング方法としてミルクピールは、海外で発祥したピーリング方法でダウンタイムも短いため気軽に行える施術です。特に高い美容効果を発揮するのが特徴で、艶や透明感・キメなどがあらわれます。ニキビを悪化させないことが第一ですが、万が一ニキビ跡として残ってしまっても皮膚科で治療を受けることができます。