• 鏡を見てニキビを気にする女性
  • 肌がきれいな女性たち
  • 顔を洗っている女性と笑顔の女性
ニキビを気にする女性

ニキビはおでこや口の周り・頬・下顎などにできる発疹で、思春期から青年期にかけてよく見られる症状です。胸や背中など体の中心部へできることもあり、毛穴に皮脂が溜まった状態で出口が炎症を起こした上で小さく隆起したものができます。すぐに治る軽い症状からニキビ跡になってしまう重い症状のものまであり、思春期にできるものがニキビとも言われています。大人になってからできたものを吹き出物と呼ぶ人もいますが、実はそれぞれに区別はなく同じものになります。原因は皮脂の過剰な分泌で、アクネ菌と言われるニキビの元になる菌が繁殖することによって起こります。

肌は通常約28日のサイクルで角質が出来上がり、剥がれ落ちていくターンオーバーを繰り返します。ターンオーバーがうまくいかない場合は、毛穴の角質が厚くなって毛穴の出口がふさがれるため皮脂が溜まった状態になります。通常は毛穴から汗とともに外へ排出されるため、それが詰まると炎症を起こしたり膿を持ったりします。皮脂を栄養源としているアクネ菌が過剰に増殖することで、毛穴が炎症を起こし隆起することでニキビができます。原因は角質が厚くなることが一番に挙げられますが、皮脂が過剰に分泌することで毛穴を塞ぐこともあります。

思春期には男性ホルモンの一つであるアンドロゲンが増加する傾向にあり、皮脂に分泌を高めていく作用があります。中学生くらいからニキビがたくさんでき始めるのは、男女ともにこれが原因となっています。元から脂性肌の人や、食生活の面で糖分・油分をとる食事が多い・ストレスが増加するなども、ホルモンバランスや皮脂分泌の促進につながります。これはニキビを多く発生させたり、悪化の原因になっています。初期ニキビは毛穴に皮脂が詰まっただけの状態ですが、重症のニキビは炎症を起こして赤く腫れ上がっているところが特徴です。

ニキビの種類を大きく分けると白・黒・赤の3種類になりますが、それぞれ大きな特徴があります。白は最初の段階であり毛穴に皮脂が詰まり始めて、古くなっている状態で幹部が薄い皮膜で覆われています。出口がなく白や乳白色の発疹に見え、潰すと膿のようなものが中から出てきます。黒は白が進行した状態で皮脂がさらに増え、盛り上がることで出口に穴があき患部の皮膜も開いた状態になります。

この部分が空気にさらされているので、皮脂や古い角質が酸化し黒っぽく変色します。赤は黒が悪化したもので毛穴に詰まっている皮脂に対して、細菌や雑菌が繁殖するため炎症を起こします。患部の周りが赤く腫れ上がり、触ると痛くメイクなどにも支障が出ます。